Day0: 期待と不安の入り混じったスタート

いよいよ待ちに待ったオリエンテーションの日がやってきた。スクールへ向かう足取りは軽快だったが、どこか緊張と不安も混じっていた。初めての場所、初めての顔ぶれ、これから始まる新しい生活への期待と、未知への不安が入り混じっていた。

事前課題

オリエンテーションが始まる前に、シラバスと自己紹介シートの記入という事前課題があった。シラバスはこれから学ぶ内容を把握するための重要な資料だ。科目名や担当教員の情報、授業スケジュールなどを確認し、自分がどんな学びを得られるのか、ワクワクしながら読み進めた。

自己紹介シートには、名前、出身地、趣味、目標などを記入する。初めての自己紹介で、何を書いていいかわからず、少し悩んでしまった。しかし、これがこれから仲良くなっていく仲間との最初の接点になると思うと、思い切って自分のことを書いてみた。

内容

オリエンテーションが始まると、まずは自己紹介と目標設定の時間。一人ずつ前に出て、自分のことを話すのは緊張したが、周りの仲間も同じ気持ちなのだと分かると、少し気持ちが楽になった。目標設定では、これから達成したいことを具体的に書き出し、それを実現するために必要なことを考えた。

チームビルディング活動では、グループワークを通して仲間との協調性やコミュニケーション能力を養った。最初はぎこちなかったが、ゲームや課題を通して徐々に打ち解け、チームワークが生まれていくのを感じることができた。

フィジカルオリエンテーションでは、体を動かしてリフレッシュしながら、仲間との親睦を深めた。運動不足解消にもなり、心身ともにリフレッシュできた。

事後課題

オリエンテーションの締めくくりは、事後課題。マンダラチャート作成では、今日の学びを整理し、今後の目標を具体的に書き出した。自己紹介と目標設定の投稿では、ブログやSNSを使って、今日の学びを共有した。学びの振り返り投稿では、今日のオリエンテーションを振り返り、自分の感想や今後の課題などをまとめた。

感想

オリエンテーション Day0は、期待と不安が入り混じったスタートだったが、様々な活動を通して、新しい仲間と出会い、学び、そして成長できた充実した一日だった。これから始まる新しい生活への不安も少し和らぎ、ワクワクする気持ちでいっぱいになった。これから始まる学びに、積極的に取り組んでいきたい。

学び

  • 自己紹介は、相手に自分のことを知ってもらうための大切な機会である。
  • 目標設定は、具体的な目標を掲げることで、モチベーションを維持し、目標達成に近づくことができる。
  • チームワークは、協調性とコミュニケーション能力が重要である。
  • フィジカルオリエンテーションは、体を動かすことで、リフレッシュ効果があり、集中力を高めることができる。
  • 学びを振り返ることは、自分の成長を確認し、今後の課題を見つけることができる。

今後の課題

  • 積極的に人と交流し、新しい仲間を増やす。
  • 授業に積極的に参加し、積極的に学ぶ。
  • 目標達成に向けて、計画的に行動する。
  • 体調管理に気を配り、健康的な生活を送る。
  • 学んだことを活かし、社会に貢献できる人材になる。

所感

この記事は、オリエンテーション Day0の生徒の感想を綴ったものである。これから始まる無限道場への期待と不安、そして学びへの意欲を、ありのままにまとめ、表現しました。

関連記事

DXが必要な3つの理由

無限道場:AI・テクノロジーで社会課題を解決し、イノベーションを起こす!

DX初心者向け!トータルビジネス力アップ

PAGE TOP