エンジニア

未経験からサポートエンジニア

バックオフィスサポートWTA

飲食業から未経験でエイト入社をして
サポートエンジニアとして大ヒットした〇娘で常駐エンジニアとして働いておりますWTAです

SES(SESとは、システム・エンジニアリング・サービスの略)でクライアントの企業で常駐して働くことです。

今回はこのSESという働き方の魅力を下記の3点についてご紹介します!

①転職せずに様々な企業で働くことができる

これはかなり大きいメリットです。
正社員だと人生で働ける職場の数はどうしても少なくなってしまいます。
より自由にいろんな企業で働いてみたい!という方にはSESがオススメです。

②大手の会社で働くこともできる

常駐先には大手企業も多数あります。
中に入って活躍して実績を上げれば大手企業で雇用される日が来るかもしれません。

③飽きずに続けることができる

飽き性の方にはオススメです。
SESは1つのプロジェクトだけを黙々とこなすのではなく、様々な業務を担うことになるので常にフレッシュな気持ちで仕事に取り掛かることができます。

エンジニアにとってスキルアップをすることは必要不可欠です。
どうやってスキルアップしたらいいのかわからない。という方に私が経験した、スキルアップする方法を様々な視点から解説していきます!!

①自分の理想像を明確にし、学べる環境へ飛び込む
まずは、エンジニアとしての理想像を10分でいいので具体的に考えてみて下さい。考えることができたらその理想像に近づくために何の言語を勉強してどういった案件に参画するべきなのかが分かってくると思います。簡単なことですが、理想像を明確にしないと今している学習が実は理想に近づくために必要がないことかもしれません。また、実務経験を超える学習はないので、参画する案件や企業を慎重に選びキャリア構成することは非常に重要です。

②エンジニア同士の人脈を作る
エンジニア同士の人脈を構成することによって、市場の動きや新しい情報、新しいスキルの取得にもつながります。常に新しい情報をアップデートできることにより、時代に取り残されないエンジニアになることができます。他にも案件の紹介であったり、思わぬ収穫があるかもしれません。

③コミュニケーション能力を付ける
エンジニアとして、もちろんプログラミングの学習をすることは大切です。しかし、チームでの開発だと多くの場合、技術と同等にコミュニケーション能力も求められます。
日頃、自分から話しかけたり、会話を楽しんだりコミュニケーション能力を上げる努力もスキルアップには重要な要素になります。

まずはチャレンジ!仮説からの行動が大切ですね!

インタビュー

TOP