1. DXコンサルティング

システム構成がブラックボックス化してしまった既存システムの見直し、コスト削減などの機能整理を行い社内のDX化を促進させます。

2. WEB・アプリシステム開発

20~40代の年齢層では、約90%以上の人がスマートフォンを保有。WEB、アプリを活用した新しい事業開発で貴社のデジタル戦略を成功させます。

3. パソコン・IT機器・Saasのレンタル、販売

パソコンやIT機器のレンタルや販売を行います。大手ディストリビューターと提携しIT商材40万点以上を取り揃えております。

4. IT人材アウトソーシング

解決すべき課題を洗い出し、自社IT・DX人材育成からIT・DX人材紹介・派遣・業務委託によるアウトソーシングで、DX推進をサポート致します。

5. 企業価値の向上と成長戦略型M&A

DX推進により企業価値を向上をさせ、大手企業やファンドに株式を譲り渡すことで会社を成長させる成長戦略型M&Aを成功させます。

大手SIerから事業会社まで 1,000社以上との実績

市場規模と事業ドメイン

自社の競争力強化や成長拡大を目指してDXに取り組もうと考えている企業は少なくありません。 その実現の前には、幾つかのハードルが立ちはだかっており、その一つがIT人材不足です。 IT人材の争奪戦は加熱しており、「2025年にはIT人材不足が約43万人に拡大する」と予測されている。ただでさえグローバル化が進む中、優秀なIT人材の獲得競争は激しさを増しています。日本の労働市場では、需要と供給のバランスがとれているにもかかわらず、求職者側と求人側の意向等が一致しないことから失業者が発生するなどの「雇用のミスマッチ」という状況が拡大しており、2030年には170万人不足するとの結果が得られています。つまり、中長期的な日本の労働需給を展望すると、本質的な課題は、人手不足ではなく、人材のミスマッチにあると考えられます。 ミスマッチの生じる理由としては、大きく、職業能力の不一致、情報の不完全性、労働者や企業の選好の三つが考えられますが、この能力需給の不一致とは、企業が必要とする能力と求職者の持つ能力とが一致していないという事で、必要とされる人材が、企業に適切に分配されていないというミスマッチが複数の労働市場間で起こっており、この対策と問題を解消すべくプラットフォーム✕AIマッチングビジネスを展開しこの社会問題に取り組んでいきたいと思っております。

TOP